FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬主生活2周目 その1

2008年04月22日 12:54

そんな訳で、1から2周目始めることにしました。
2008の引継ぎでは、どうやら資金は100億と限られているけれど
お守りは個数制限無いみたい。
新要素のアイテムとか、海外馬カードなんかも引き継げるから
だいぶゆとり仕立てだ。
牧場も開設済みなのは、前からだったか・・・。まあいいや。


で、まずは当歳セリ。
ミホシンザンにするか、サクラユタカオーにするか。
ミホシンザンはパワー不足、サクラユタカオーは距離適正が狭い、
っていうのがいままでの結論だったけど
今回はアイテムで育成が多少矯正しやすいから
悩んだ挙句サクラユタカオーで決定。

年が改まってから
現役馬譲りますよのイベントで、2周目お約束のシンボリルドルフをいただく。

あとは、庭先購入ができるようになってから
幼駒のニッポーテイオー、メジロラモーヌ、ダイナガリバーの3頭を入手。
繁殖牝馬は、史実馬の母たちを買えるだけ購入。
生まれた仔馬は、自分で所有しないものは全て8月の幼駒セリで売却。
走らせるのは、タマモクロス、サクラスターオー、イナリワン、チャンピオンスター、マックスビューティ、タレンティドガールの6頭
10月に、史実馬の母を繁殖牝馬セリに出して、来年の史実馬の母たちを庭先で購入。

そんなこんなしてるうち1年目も終わり、
シンボリルドルフ:3冠、有馬記念、メルボルンカップ
サクラユタカオー:朝日杯FS
というGⅠ勝ち



そして2年目
ルドルフのローテーションは、
ドバイシーマ→天皇賞春→放牧2週→宝塚→KGVI&QES→放牧4週→凱旋門→天皇賞秋→JC→有馬
サクラユタカオーには
弥生賞→皐月賞→NHKマイルカップ→日本ダービー→放牧7週→アイルランドチャンピオンS→コックスプレート→マイルCS→香港カップ
とこなしてもらい
例のように、生まれた仔馬で所有しないものは幼駒セリ、史実馬の母は繁殖牝馬セリで売却。
自分で所有は、オグリキャップ、スーパークリーク、サッカーボーイ、バンブーメモリー、パッシングショット、コスモドリーム

でそんな感じで過ごしてたら、
開始2年目、所有馬5頭(実質2頭)で最優秀馬主とれちゃいました。
なんとまあ、あっけないこと。
スポンサーサイト

馬主生活 2日目

2008年03月10日 21:17

1年目、2年目、
まあ無難に過ぎて行ったわけで

3年目、
セリで買い忘れるとショック大きめなスーパークリークがデビューですよ。

馬主生活 1日目

2008年03月08日 13:21

ふと店に立ち寄ってみた時のこと・・・
ある商品に目が止まった・・・

『WinningPost7 Maximum2008』

・・・2008て
また、中身のデータ新しくしただけなんだろうな
無印と2006はPS2でやったなぁ・・・
なんか懐かしい。

そんなふうに思いつつ買いましたよ。
今回はPC版。

さっそく、昔を思い出しつつ開始です。
[馬主生活 1日目]の続きを読む

史実馬が強いのは当たり前

2006年10月14日 23:36

史実馬が強いのは当たり前。
だから、何が引退しただの、どうのとは書くのやめた。
単純に面倒なのもあるけれど。
やはり醍醐味は、オリジナルな生産馬で史実の強豪を倒すこと。
だからそれを目指そうかと思う。
満足のいく馬が出来たら、対戦パスワードのひとつも書いてみようかと考えている。

90年終わる

2006年10月11日 04:05

1990年終了

引退
ニッポーテイオー(殿堂入り(金):世界へ飛翔する最強マイラー)
オグリキャップ(殿堂入り(金):執念の結実)
シヨノロマン
シャダイカグラ

1991年は
7歳:イナリワン
6歳:スーパークリーク
5歳:バンブービギン、ロジータ
4歳:アイネスフウジン、イクノディクタス、メジロマックイーン、アグネスフローラ、ダイイチルビー、自家生産牝馬
3歳:トウカイテイオー、イソノルーブル、自家生産牡馬3頭、自家生産牝馬
2歳:サクラバクシンオー、ミホノブルボン、自家生産牡馬、自家生産牝馬3頭
の布陣

にしても、ロジータ引退させてないからレギュラーメンバー産まれてこないや。
まあいいか。

89年終わる

2006年10月10日 09:51

1989年終了
最優秀馬主、最優秀生産者獲得

引退
タマモクロス(殿堂入り(金):芦毛の王者)

90年は
古馬が、オグリキャップ、ニッポーテイオー、スーパークリーク、イナリワン、バンブービギン、ロジータ、シヨノロマン、シャダイカグラ
3歳が、アイネスフウジン、アグネスフローラ、ダイイチルビー、イクノディクタス、メジロマックイーン、自家生産牝馬
2歳が、イソノルーブル、トウカイテイオー、自家生産牝馬1、自家生産牡馬3
計20頭で進める。

頭数増えると、ローテーション組みづらい。

88年終わる

2006年10月08日 12:48

1988年終了。

引退
メジロフローラ(殿堂入り(金):ブラックライトニング)
ユーワジェームス
サッカーボーイ

89年は
タマモクロス、オグリキャップ、ニッポーテイオー、スーパークリーク、イナリワン、シヨノロマンが古馬
ロジータ、バンブービギン、シャダイカグラが3歳
アイネスフウジン、アグネスフローラ、イクノディクタス、ダイイチルビー、メジロマックイーン、自家牝馬の6頭が2歳
計15頭の陣容

タマモクロスとスーパークリークが距離適正で重なってるのが痛いな
使い分けが難しいや。

87年終わる

2006年10月07日 11:36

1987年終了
細かく書くのも所有馬増えてきたので面倒だから止め

引退したのは
サクラユタカオー(殿堂入り(金):天才の恋人)
ダイナガリバー
マックスビューティー(殿堂入り(銅))
適当に購入した外国産馬

88年は以下の陣容で挑む予定
古馬がニッポーテイオー、メジロフローラ、タマモクロス、イナリワン、ユーワジェームス
3歳が、オグリキャップ、サッカーボーイ、スーパークリーク、シヨノロマン
2歳が、ロジータ、シャダイカグラ、バンブービギン

ニッポーテイオーはマイル王路線
タマモクロスにはシンボリルドルフと同じローテーション
中距離はメジロフローラに頑張ってもらうとして
クラシックにスーパークリークが間に合うと良いな。
オグリキャップは米国3冠を是が非でも取ってほしいもんだ。

86年終わる

2006年10月06日 14:05

1986年終了。

5歳
シンボリルドルフ
9戦6勝で年度代表馬を獲得。
結局凱旋門賞には勝てずに終わった。
残念だけど引退しないとトウカイテイオーが生まれてこないんで引退。
生涯成績27戦21勝(21-3-3-0) 総賞金25億9230万
勝鞍
3歳―3冠、ジャパンC、有馬記念
4歳―ドバイシーマクラシック、天皇賞(春)、エクリプスS、KGⅣ&QES、ジャパンC、有馬記念
5歳―ドバイシーマクラシック、天皇賞(春)、BHBサマートリプルクラウン、有馬記念

4歳
サクラユタカオー
WSRC路線で大活躍。7戦6勝。当然のようにWSRC制覇。

3歳
メジロフローラ
当然のように牝馬三冠+エリザベス女王杯制覇、英オークスと香港ヴァーズは取れなかったorz

ニッポーテイオー
2月デビューで、マイル路線。GⅠ 4勝

ダイナガリバー
クラシックは結局取れず…。ダート転向でジャパンダートCと東京大賞典制覇

2歳
マックスビューティー
阪神JFに無事勝った。

といった感じで、開始3年で最優秀馬主獲得。
85年の時点で惜しかったからこれは当然の結果だろうね。

さて、87年は上の引退してない馬たちと
3歳のタマモクロス、イナリワン、ユーワジェームス
2歳のオグリキャップ、サッカーボーイ、スーパークリーク、シヨノロマン
といった陣容ですすめて行く。

オグリキャップはなんとか米国3冠路線に乗せたいな。

85年終わる

2006年10月06日 07:54

1985年が終了。
85年の戦跡は
シンボリルドルフが、9戦6勝2着3回の連帯率100%で
日本と欧州の年度代表馬に選ばれて
サクラユタカオーが、7戦5勝でした。
まずまずの成績に収まったと思うんですが、
シンボリルドルフで凱旋門賞に勝てなかったのが残念かな。
86年も同じローテーションの予定なんですが
ダンシングブレーヴが登場するのが、ちょいと問題。

3歳馬はメジロフローラ、ニッポーテイオー、ダイナガリバー。
2歳馬はイナリワン、タマモクロス、マックスビューティー、ユーワジェームス。

さてどうなるやら。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。