FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬主生活2周目 その1

2008年04月22日 12:54

そんな訳で、1から2周目始めることにしました。
2008の引継ぎでは、どうやら資金は100億と限られているけれど
お守りは個数制限無いみたい。
新要素のアイテムとか、海外馬カードなんかも引き継げるから
だいぶゆとり仕立てだ。
牧場も開設済みなのは、前からだったか・・・。まあいいや。


で、まずは当歳セリ。
ミホシンザンにするか、サクラユタカオーにするか。
ミホシンザンはパワー不足、サクラユタカオーは距離適正が狭い、
っていうのがいままでの結論だったけど
今回はアイテムで育成が多少矯正しやすいから
悩んだ挙句サクラユタカオーで決定。

年が改まってから
現役馬譲りますよのイベントで、2周目お約束のシンボリルドルフをいただく。

あとは、庭先購入ができるようになってから
幼駒のニッポーテイオー、メジロラモーヌ、ダイナガリバーの3頭を入手。
繁殖牝馬は、史実馬の母たちを買えるだけ購入。
生まれた仔馬は、自分で所有しないものは全て8月の幼駒セリで売却。
走らせるのは、タマモクロス、サクラスターオー、イナリワン、チャンピオンスター、マックスビューティ、タレンティドガールの6頭
10月に、史実馬の母を繁殖牝馬セリに出して、来年の史実馬の母たちを庭先で購入。

そんなこんなしてるうち1年目も終わり、
シンボリルドルフ:3冠、有馬記念、メルボルンカップ
サクラユタカオー:朝日杯FS
というGⅠ勝ち



そして2年目
ルドルフのローテーションは、
ドバイシーマ→天皇賞春→放牧2週→宝塚→KGVI&QES→放牧4週→凱旋門→天皇賞秋→JC→有馬
サクラユタカオーには
弥生賞→皐月賞→NHKマイルカップ→日本ダービー→放牧7週→アイルランドチャンピオンS→コックスプレート→マイルCS→香港カップ
とこなしてもらい
例のように、生まれた仔馬で所有しないものは幼駒セリ、史実馬の母は繁殖牝馬セリで売却。
自分で所有は、オグリキャップ、スーパークリーク、サッカーボーイ、バンブーメモリー、パッシングショット、コスモドリーム

でそんな感じで過ごしてたら、
開始2年目、所有馬5頭(実質2頭)で最優秀馬主とれちゃいました。
なんとまあ、あっけないこと。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rusha.blog7.fc2.com/tb.php/459-af9d9462
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。